投資の怖いところは高額な損失を被ることではないでしょうか。しかし投資信託なら少額で投資ができるので、もし損失が発生した場合でも少額で済みます。

5年で倍の指標価値になっているワールドリートへ投資

グラフ

ここ数年では世界的に金利が低下する状況が強まっています。
とくに先進国ではゼロ金利に近いところが多くなっています。
なお、日本においては、今年に入ってからマイナス金利が導入される事態が起こっています。
マイナス金利となると、債券などの安全資産ではリターンが稼げない環境が生まれてきます。
そのため、最近では資産運用の方法として、ワールドリートに投資する方法が人気になってきています。

ワールドリートは世界の不動産を投資対象とした投資信託です。
ワールドリートでは、世界の不動産の中でもアメリカの比率が6割を占める特徴があります。
アメリカの不動産市場はここ5年で好調な推移を続けてきたため、ワールドリートの運用成績も高くなっています。
一般的なワールドリートの指標としては5年前を100とすると、今は200程度になっていることが多いです。

したがって、ワールドリートを5年間保有すると、資産を倍に増やす効果を上げることができています。
また、ワールドリートは不動産で運用をしているため、高い利回りが確保できる特徴もあります。
利回りとしては年率で3%程度となっていることが多く、高利回りが期待できます。

さらに金融商品によっては、毎月配当が受けられる商品も存在しています。
そのため、ワールドリートは日本のシニア層の投資家の支持を集めている状況があります。

今後においてもアメリカでは景気が好調となっていることから、基準価格は底堅く推移することが期待されます。
しかし、アメリカで追加の利上げが実施される場合には、一時的に基準価格が下落するリスクがあると考えます。
しかしながら、利上げによって基準価格が下落した際には、金融商品を追加で購入する良い機会になる可能性があります。
アメリカで利上げをするということは、景気が良い証拠となるからです。

人気記事一覧