投資の怖いところは高額な損失を被ることではないでしょうか。しかし投資信託なら少額で投資ができるので、もし損失が発生した場合でも少額で済みます。

投資する前に会社の創業前やVISAカードの審査

「創業前」というキーワードについてですが、「創業前」とはその言葉の通り、「創業をする前」という意味になります。
例えば、ある会社などを作る際にも、「創業」という言葉が使われますし、実際に創業をした後には「創業後何年」というように、言葉が使われることがあります。

この「創業」についてですが、創業を行う場合には、ある一定のお金がなければ「創業」して会社などを作ることは出来ません。
また同時に、その会社を作って、利益などを生み出すことは出来ません。
どうしても、創業前にはお金などが必要となり、また土地などがない場合には土地などを購入することも必要になってきます。

このため、「創業前」には「投資」というものが不可欠になることがあるのですが、その際には、例えば株式会社などを設立する際には、多くの人に呼び掛けを行い、「株を購入して、投資をしてほしい」という宣伝を行います。
その際には、「投資」を行うことで、「今後、株を購入してくれた人に対してどのような利益があるのか、今後、数年後などにどのような利益を得ることが出来るのか」などを説明して、投資をしてもらうケースが多いとされています。
または、投資、つまり自分の資産、または資産の一部を投げ打って、投資を行ってくれる人の中には、「その創業する人にお世話になったから」というような理由で、投資を行うという人もおられます。

上記のように「先を見越して、この会社さんなら、今後、大きく発展できるから利益を得られる」という営利目的のような形での、投資もあります。

ところで、「VISA」というキーワードについてですが、こちらはあまりにも有名なカード会社さんの1つです。
「VISA」の場合には、ガソリンスタンドやレストラン、このような場所だけでなく、デパートなどやコンビニなどでも使用が出来るカードとなっており、多くの人が愛用しているブランドのカード会社さんです。