投資の怖いところは高額な損失を被ることではないでしょうか。しかし投資信託なら少額で投資ができるので、もし損失が発生した場合でも少額で済みます。

会社員時代から知っている菱電商事に投資すると安心

定年退職したのを機会に新しく投資を始めるという人が増えています。
これまで株などに興味がなかったわけではありませんが、自分が会社員として働いていた人は投資の勉強をするような時間もありません。
以前はインターネットを使って株の研究をしたり売買をすることもできませんでした。
投資を始めるには実際に証券会社へ足を運ぶしかありませんでしたが、会社員はそもそも証券会社の営業時間中に店舗に行くこともできません。
それで今まではやる機会がなかったのですが、やっと時間ができて始められるというわけです。

現在では店舗に行かずとも家のパソコンでいろいろ可能ですので、便利になりました。
さて実際に投資先を決めるとします。
自分が会社員時代にそこの製品を仕事で使っていたとか会社のビルにあったというような企業ですと、どういう事業をしているかわかっているわけですので安心ですが、それにあたるのが菱電商事です。
菱電商事は大手電機メーカー系列の商社ですので電機系統を扱っていまして、例えばビルにその電機メーカーの昇降機を納入したりしていますので、実際に職務を知っているというわけです。
そういう企業に今度は株主として参加しますと応援しようという気持ちが多く起きますし、適役と言えます。

なお菱電商事は近年新しい事業にも次々取り組んでいまして例えば病院への給湯システムなどです。
その他いろいろな分野でのマネージメント、ソリューションを行ない始めています。
菱電商事に投資する際には今どういうジャンルのソリューションに取り組んでいるかや、そもそもそのジャンルは今後有望かを考えながら行なっていくのが大切です。

また菱電商事は上述のように大手総合電機メーカーが筆頭株主として3分の1以上の株を持っています。
そのメーカー自体も上場企業ですので、そちらの収益も合わせて検討するようにしていきますとそれが菱電商事の判断材料にもなります。