投資の怖いところは高額な損失を被ることではないでしょうか。しかし投資信託なら少額で投資ができるので、もし損失が発生した場合でも少額で済みます。

更新履歴
笑っている男女

投資信託の利点の一つとして、少ない額から投資できるということが挙げられます。
投資信託とは株などの運用商品を買うことに違いはありませんが、個人的に株を買うのとはかなりの違いがあります。
個人的に株式を購入する場合、少ない金額ではそもそも投資できません。

株式には最低単位というものが設定されており、その最低単位ごとでないと購入することができない仕組みになっているからです。
多くは1000株単位ですが、最近では100株単位のものも増えてきていますし、それ以外の単位としているものもあります。
仮にいま株価が500円の株式があったとして、単位株が1000株の場合は、500×1000で最低でも50万円の資金がないと投資できませんし、その後も50万円単位でしか買えないわけです。
40万円では全く買えませんし、90万円あっても1800株買えるわけではなく1000株買って40万円は余るだけということになってしまいます。

つまり、それなりのお金がないとなかなか運用しにくいわけです。
一社だけの株を買うのはちょっとリスクが高い、いくつかの企業の株式に分散して運用したいと思っても、先立つものが十分にないとそういうことができないのです。
しかし、投資信託ではそういうことがありません。

これは、多くの人から資金を集めて、その集めた資金で株式を運用しますから、一人一人を取ってみると非常に少ない資金で、そして単位株未満の株式であっても運用することができるのです。
1000円くらいのお金から運用できるような投資信託も珍しくありません。
運用商品についても、いくつかの株式を複数組み合わせたものが用意されており、自分の投資スタイルにあった方法を選ぶことができます。